2008年アート・ショー アルテニーム・グルノーブル展に出展!!

フランス・グルノーブル市での国際アート・ショー、アルテニーム・グルノーブルに
出展、個人ブースに13作品を展示しました。


2008/2/15


2008年アルテニーム・
グルノーブル展


展覧会名 : ARTenimGRENOBLE 2008

会期 : 2008年1月31日〜2月4日

時間 : 10:00 〜 19:00




国際アート・ショー アルテニーム・グルノーブル展は、 フランスの南東に位置する町、冬季オリンピックの行われたグルノーブル市で、 開催されました。

ヨーロッパやアメリカ、アフリカ、アジアなど多くの国のアーチストが参加、 私は、個人ブースに13作品を展示し、グルノーブルの人をはじめ、 ヨーロッパの多くの方々に見て感動していただきました。

グルノーブル市は人口30万人ほどの古い歴史のある街で、 会場は郊外にあり、冬季オリンピックの室内スケートリンク、選手村の近くで、アルプスも望めました。


    

     グルノーブル市     

     展覧会会場     





1月31日  関係者のみのパーテーと言うことで落ち着いた感じの中にも マスコミが有名アーチストに取材をしての華やかな雰囲気の中で開かれました。

私の一番目のお客さんは、その方の家に伝わる古い中国刺繍の修復の依頼でした。
私には無理なので、私のホーム・ページにリンクしている中国の刺繍会社を紹介する約束をしました。

会場には、ギャラリーのオーナーの方々もいらっしゃることが解り、値段を聞かれるたびに、 期待と緊張をしました。

皆さん、鑑賞の合間にレストランでワインを飲み、牡蠣を食べながら談笑なさる姿が 夜10時まで続きました。所々で買った絵を小脇に抱える姿がみえました。







2月1日  一般公開のパーテの日、朝10時から夜10時までの開催です。

朝10時に行くと、もう人の流れができていました。  入り口すぐのグルノーブル市の作家のコーナーは人で溢れて, メイン会場の方でも、もうほどほどの人の流れができていました。

私は今日から作品の写真とポストカードを売ることにしました。 夕方4時ごろから溢れるほどの人たちが会場を満たしました。 私の所にもたくさんの方が集まってくださいました。

多くの人が作品に感動して、値段も聞いてくださいました。 夜が更けるほどに会場は盛り上がり11時まで延長されました。







2月2、3日    どの日も、多くの方がいらっしゃいました。

私もいろいろな方々とお話したのですが、アートを通してなら片言のフランス語と辞書だけでも、 心の会話ができるものだなぁと実感しました。

皆さん、作品を見入ってくれて、写真とポストカードも随分売れました。






2月4日   最終日は月曜日と言うことであまり混まないだろうと思っていましたら、 3時ごろからたくさんの人で、写真とポストカードが飛ぶように売れました。

前日いらした方がまた最終日と言うことでいらしていました。 最後まで盛り上がったアート・ショーでした。

まだ、無名の私ですが、これから、さらに広がりを期待したいと思っております。
やはりフランスのアートに対する人気と言うのか期待と言うのか・・・ はすごいなぁと思いました。






グルノーブルは人口30万人ほどの町なのですが、 このアートショーを見るために近郊の町からもたくさんの方々がいらしておりました。

夜が更けるほどに熱気を増してくるアート・ショーは本当にコンサートのフィナーレーを 迎えるようで、皆さんのアートに対する深い情熱に、こちらのほうが感動させられてしまいました。
日本の展覧会では経験できないだろう、喜びをたくさんいただきました。 ありがとうございました。

これからも、さらに作品の製作に力を入れようと思っております。


                                    山崎 明子