旧東京音楽学校奏楽堂

 現在の東京藝術大学の前身である東京音楽学校の本館として建てられました。 何と明治23年のことです。 昭和の終わりのほうになって老朽化した奏楽堂は名古屋の明治村へと移築する話があり ました。しかし台東区長らの努力により上野公園への移築がまとまり、昭和62年にこ の地への移築復元工事が完了したのです。このときほぼ同時にパイプオルガンの修復も 完了しています。

 創設以来、日本における西洋音楽の普及教育に大きく寄与しました。建物の近く には滝廉太郎の銅像が設置されています。
 奏楽堂は建物全体の名称にもなっていますが、両側の階段から2階に上がった中 央に講堂を兼ねたホール、いわゆる奏楽堂があります。この奏楽堂は日本最古の様式音 楽ホールで昭和63年に重要文化財に指定されています。

 この日、東京藝術大学の学生さんによるパイプオルガンのコンサート(日曜コン サート)がありました。J.S.バッハの曲など、窓から差し込む緑の光を感じながら まったりと鑑賞させていただきました。ちなみにこのパイプオルガンはイギリス製です。
 

 奏楽堂HP http://www.taitocity.net/taito/sougakudou/

 
 
(2010年 5月)



戻る