国立天文台

 国立天文台三鷹キャンパスは三鷹市大沢にあります。 元々は麻布飯倉町(現麻布台2丁目)にあった東京天文台が1914年(大正3年)〜 1924年(大正13年)にかけてこの地に移転してきたもので、構内には移転当時の 面影を残す大正期の建物が点在しています。入口の守衛所(受付)からしてとてもレト ロです。
 

 代表的な建物が「大赤道儀室」で、1926年(大正1 5年)に建設され、2002年(平成14年)に国登録有形文化財に指定されています。 内部にはカール・ツァイス社製屈折望遠鏡が置かれ ているほか、天文台歴史館としての展示があります。
 ほかに第一赤道儀室1921年(大正10年)、ゴーチェ子午環1924年(大 正13年)、レプソルド子午儀室1925年(大正14年)、アインシュタイン塔19 30年(昭和5年)などがあります。


 旧図書庫は1930年(昭和5年)の建設で、20世 紀末まで図書資料を保管していた建物ですが現在中には入れません。アインシュタイン塔 と同じように壁面が引っ掻き模様のあるスクラッチタイルで装飾されています。窓の位置 やひさしのデザインなどがアクセントになっています。左側が建物入口になっていて脇に 丸窓が見られます。
 
 
(2009年 8月)



戻る