長池見附橋

 かつて新宿区四谷の甲州街道で外濠跡(JR中央線)にかか っていた四谷見附橋は、多摩ニュータウン別所長池のこの地に移築復元されました。交通量増 加に伴う道路幅拡張のために架け替えられることになったためです。そして長池見附橋と名前 を変えました。
 

 四谷見附橋は1911年(明治44年)にアメリカから鋼材を 輸入して着工され、大正2年に竣工しました。近くの赤坂離宮(今の迎賓館)の装飾を模した 飾り付けがなされていて、下に中央線を跨ぎ、上には路面電車も通過していました。そして昭 和49年に架け替えることが決定し、平成元年から解体が開始されたのです。


 平成2年にアーチリブが撤去され、移築後再利用されてい ますが橋台と装飾付帯設備は忠実に再作成されたものとのことです。
 四谷見附橋の架け替え工事は平成3年10月に完了しており、その後の平成5年11月 に長池見附橋の開通式が行なわれています。元もとの幅員は22mであったものが約5mほど 短くなっているものの付近のゆったりとした景観とよく調和した建造物となっています。
 
 
(2009年 1月)



戻る