旧多摩聖蹟記念館

 京王線の聖蹟桜ヶ丘駅から連光寺の坂を登り、都立桜ヶ丘 公園に入ると、雑木林の中に丸い建物が現れます。一見UFOのようにも見えるこの建物が 「旧多摩聖蹟記念館」です。
 駅名の一部にもなっている「聖蹟」とは天皇が訪れた場所という意味がります。また お出かけになることを「行幸」(ぎょうこう/みゆき)といい、旧鎌倉街道から分岐した旧 川崎街道が大栗川を横切るところに行幸(みゆき)橋があります。つまり明治初期のころ明 治天皇がこの地を訪れ、ウサギ狩りや鮎漁を行なったということです。なお、聖蹟桜ヶ丘の 駅名はそれまで関戸駅であったものが昭和12年に改称されたものです。
 建物は楕円形で、1930年(昭和5年)の竣工。80年 近くを経た今でも多摩の山の上には場違いなほど変わった建物となっています。内部中央に は馬に跨った明治天皇の等身大像が置かれているほか(撮影禁止)、幕末から維新にかけて の著名人の書状などが展示されています(時期により展示内容は変わります)
 建物の名前になぜ「旧」とつくのかよくわからないのですが、記念館としての役割が 変わったということのようです。
 
(2008年12月)



戻る