東京都復興記念館

 東京都復興記念館はその名のとおり、まさに関東大震災からの 復興を記念して建てられました。
 この地はかつて陸軍被服廠(本所被服廠)のあった場所ですが、関東大震災の折、被服廠 移転後の更地となっていたこの場所に多くの被災者が避難してきました。あまりに多すぎて周囲 からの火の手が家財道具に燃え移ったり火炎風が起こったりして多くの犠牲者をだしてしまった のです。これは関東大地震を象徴する惨事であり、現在は横網町公園となっているこの場所に慰 霊堂が建てられ、そしてまたその隣に復興記念館(旧防災資料展示館)が建てられたのです。


 内部に震災時の資料が多数展示されているほか、外庭にも震 災により焼け爛れた機械などが展示されています。ちなみに慰霊堂には東京大空襲の際の身元不 明のご遺骨も納められているとのことです。 


 慰霊堂、復興記念館ともに伊東忠太の設計によるもので、復 興記念館にはそれらしい動物の彫刻が見られます。慰霊堂は1930年(昭和5年)に、復興記 念館は1931年(昭和6年)に完成しています。
 
(2008年11月)



戻る