雲鷹(うんよう)丸

 雲鷹(うんよう)丸は東京海洋大学品川キャンパス(旧 東京水産大学)の前身である農務省水産講習所の練習船として1909年(明治42年) に竣工し、1929年(昭和4年)までほぼ20年間の実習航海や研究航海に供されまし た。
 


 東京海洋大学は2003年(平成15年)に元の東京 商船大学と東京水産大学とが統合され名称が代わっています。

 雲鷹丸は廃船となった後、戦後の混乱期を通じて長いこと放置されていたので すが1962年(昭和37年)にこの地に移設・補修されて保存設置されました。そして 1998年(平成10年)に登録有形文化財として指定されました。



 総トン数:444.22トン、長さ:41.2mの勇姿は 夜間にはライトアップされ、天王洲アイルのちょっとした夜景スポットになっています。
 

(2008年4月)



戻る