旧前田公爵邸(洋館・和館)

 目黒区立駒場公園の中に旧前田侯爵のお屋敷があります。

 前田家といえば加賀百万石の大名であったのですが、明治17年の華族令によ り大名家の前田家は侯爵となりました。そのご子孫のお屋敷です。その規模はすごいもの で三階建ての洋館と、渡り廊下で結ばれているという和館があります。


 洋館は1929年(昭和4年)に竣工されました。中 に入って驚くのですが、とにかく豪華絢爛の大邸宅でした。

 しかし第二次世界大戦によりこの家の主人は戦死してしまいました。そして終 戦と共にこの屋敷は連合軍に接収され、極東軍歴代司令官の官邸として使用されたのです。 1957年(昭和32年)に接収が解除され、1967年(昭和42年)に東京都が建物 と共に駒場公園として開園しました。その後目黒区に移管されています。


 内部は華麗な侯爵家らしいつくりで大理石の壁や 各部屋の暖炉、シャンデリアなど重厚さに目を見張らされました。そしてこれらの部屋の 数の多さにまた驚きましたた。南面の広い庭に面したテラスも豪華です。
 この洋館は上流社会の生活を偲ぶことのできる歴史的建造物として東京都指定の有 形文化財になっています。


 和館は2階建ての純和風建築で1930年(昭和5年)に竣工しています。


 重厚な床の間、違い棚、付け書院が見られます。そし て広縁の先には滝、池、名石、樹木からなる庭園があります。

 この洋館、和館共に無料で見学できます。
 

(2007年11月)



戻る