早稲田大学演劇博物館

 大隈講堂は早稲田大学を象徴するキャンパスの代表的建築物です。



 その西早稲田キャンパスの奥まったところに他の校舎と は一風変わった建物があります。5号館として扱われていますが「坪内博士記念演劇博物館」 です。
 日本で唯一、演劇を専門的に扱う博物館とされ、作家坪内逍遥による雑誌『早稲田文 学』の成立や「シェークスピヤ全集」の翻訳完成を記念して1928年(昭和3年)に建立 されました。


 多くの舞台写真や図書をはじめ、錦絵、能楽関係資 料、衣装、人形等、演劇・映画と関わりのある資料を多数収集、保存しています。
 ちなみに演劇博物館脇には坪内逍遥博士の銅像があります。その銅像の差し出されて いる手と握手すると合格できるという言い伝えがあるそうです。


 建築自体もひとつの劇場資料となっていて、古いイギリ スの劇場を模して設計されたものといいます。正面が張り出し舞台、入口はその左右、中に 楽屋、舞台を囲むようにある両翼は桟敷席、建物前の広場は一般席となっているとのことで す。
 

(2007年11月)



戻る