山本有三記念館

 JR三鷹駅の南東、玉川上水に沿った閑静な場所に作 家・山本有三の記念館があります。1936年(昭和11年)にこの場所に移り住み「 路傍の石」などの作品を残しましたが1946年(昭和21年)には進駐軍に接収され てしまいました。返還後は東京都に寄贈され、その後三鷹市に移管されて記念館として 残されているものです。



 門前には山本有三が中野区内の道端で見つけて運び 込んだものという大きな石があります。「路傍の石」と呼ばれていますが頭の中でイメ ージしていた大きさとは少し違っていました。


 建物は1926年(大正15年)に建築された ヨーロッパ風の外観で、三鷹市の有形文化財に指定されています。特に暖炉の外側にあ たる煙突の下の石積み部分はいたって珍しいものということです。


 2階建て(一部3階建て)の2階には有三が執筆活 動に使用したというここだけは畳敷きの部屋がありました。

 「真実一路の旅なれど真実、鈴振り、思い出す」
 著書「真実一路」の表題の横に書かれた白秋のこの句、この本を読んでから何十 年たつだろう。ストーリーなどすっかり忘れてしまいました。「偽り」のうらには「事 実」がある。そして「事実」を越えた「真実」がある。「事実」を語ることと「真実」 を押し通すこと。「真実を尽くす」とは何か?
 秋の夜長に思い出し読書をしてみたのですが、それにしてもかつての全集本を虫 眼鏡片手で見るようになるとは・・・。
 

(2007年10月)



戻る