JR鶴見線・国道駅

 JR京浜東北線の鶴見駅から川崎港の京浜工業地帯を走る 鶴見線に乗り換えると最初の駅が国道駅となります。国道15号線(つまり旧国道1号、ま たの名を第一京浜国道という)を跨ぎ、入口が国道に面していることからこの名がつきまし た。


 鶴見線そのものは1926年(昭和元年)に貨物線とし て開業した鶴見臨港鉄道が元になっていますが、1930年(昭和5年)になって全線が電 化され、国道駅も営業を開始しました。その後、1943年(昭和18年)に国有化されて います。
 高架下の空間は今もって昭和初期を思わせる風情の店舗が並び、昭和のムードをかも し出しているということで有名です。


 鶴見線はこの駅を始め全線が無人駅です。木枠でで きた改札口に簡易Suica改札機が設置されているところがちょっと興ざめです。


 ホームまでは階段を上るが、当然ながらエスカレータや エレベーターの設備はありません。直進すると浜川崎方面へのホームへ、そして鶴見方面へ のホームには途中の踊り場を横切っていくという構造になっています。


 駅ホームはカーブしており、電車との間にかなりの隙間 が発生していました。
 

 国道に面した一番上の画像の建物正面右側の中段(ちょうど歩行者信号の右側あ たり)に外壁の凹凸がありますが、これは戦争中に米軍 によって機銃掃射を受けた銃弾の痕であるといいます。
 

(2007年6月)



戻る