元町公園・元町小学校

 JR水道橋駅から水道橋を渡り、神田川沿いに「お茶の水 坂」を上がっていくと左手に「文京区立元町公園」があります。入口左手の門柱に「昭和5 年1月25日の開園」と示されていました。
 


 このあたりは昔、本郷村でした。江戸時代初期に「本郷 元町」となって明治44年に本郷がとれ「元町」になったそうです。この「元町」の町名は 昭和40年まで続いています。
 やがて「本郷」に戻ったのですが「元町」の名はこの小さな公園と、隣接する小学校 に残されています。ただし「元町小学校」はすでに1998年(平成10年)3月31日に 本郷小学校との統合化により閉校になってしまいました。


 関東大震災の復興事業として造られたいくつかの公 園のうち、現存するものはこの公園だけだといいます。公園正面の階段、テラス、水の流れ る階段(今でいうカスケード:上の画像)など、敷地の高低差をうまく利用して造られてい ます。
 敷地の隅に今では見られないコンクリート製のすべり台がありました。そしてもう一 方の隅にはなぜか西を向いている鳥の彫刻がありました。


 元町小学校の創立は明治44年ですが、この校舎が竣工 したのは1927年(昭和2年)です。震災の経験から不燃性と耐震性に優れた鉄筋コンク リ−トで造られ、しかも内部には水洗トイレなどの近代的な設備もあったそうです。いわゆ る復興小学校といわれるものの一つです。


 閉校後は専門学校などの仮校舎として貸し出された りしていたのですが、現在では取り壊しと保存運動の狭間に立たされているようです。
 元町公園側のフェンス上部にカメラを持ち上げて覗いて見ました。
 

 元町小学校の建物が竣工したのが1927年(昭和2年)と知ったとき、「ほん まかいな?」と思いました。それは昭和20年代に小学生をすごした者として、あのころの 校舎は木造の2階建てがほとんどだったと記憶しているからです。なのに鉄筋コンクリート のしかも3階建てなんて、ちょっと信じられませんでした。当時の東京市が震災の復興に力 を入れたという意味での歴史的建造物であると思います。
 さらに昭和の公園、元町公園までも取り壊して体育館とする計画があるらしいのです が、なんともはや、嘆かわしい限りです。
 

(2007年5月)



戻る