JR青梅駅(レトロステーション)

 JR青梅線の青梅駅です。ここの駅舎は意外と古く1924 年(大正13年)の竣工で、国立駅より2年、原宿駅より1年早く建てられています。
 もともとは1894年(明治27年)に開通した青梅鉄道の駅で、その本社として建て られたものですが、その後の1944年(昭和19年)に国有化されました。地上3階、地下 1階の四角ばった外観は何の飾り気もなく質実剛健そのものですが、そもそも石灰石運搬が目 的の鉄道会社でしたからおしゃれする必要がなかったのでしょう。



 駅舎の改札をぬけ、ホームへと続く地下道には映画看板が飾られています。ホーム から地下道への階段口には「ようこそ、昭和の街、青梅へ」とあり、市をあげて青梅駅周辺を 昭和レトロ化していることがわかります。このように「レトロステーション」青梅駅としてオ ープンしたのは2005年(平成17年)のことでした。


 駅構内やホームにはポスターや駅名表示などに昭和風 の装飾がされています。左の画像はホーム上の待合室です。


 そして右は「青梅想ひ出そば」と右から書かれたレト ロな看板のあるお蕎麦屋さんの店内の様子です。


 駅近くの街道沿いには青梅出身の絵師による映画館版がい くつも掲げられ、「昭和レトロ商品博物館」と「昭和幻燈館」、「赤塚不二夫会館」とで懐か しい昭和の時代を演出しています。
 

(2007年3月)



戻る