JR高尾駅


 中央線快速の始発駅である高尾駅は1901年( 明治34年)の甲武鉄道として開業した当初から浅川駅という名前でしたが1961年 (昭和36年)になって高尾駅と改称されています。新宿〜八王子間は明治22年に開 通していますがその12年後に開業しました。
 駅の北口は社寺風の外観となっています。近くに高尾山薬王院があるためかと考 えていましたが、実際は多摩御陵に関係があります。大正天皇の大喪の礼の際に新宿御 苑に設けられた仮停車場の駅舎をそのまま移築して1927年(昭和2年)に完成した ものです。ちなみに大葬列車の終着駅として浅川駅の東に東浅川駅が造られ、後に東浅 川宮廷駅となりましたが今は存在しません。
 駅前にはいつもタクシーが停まっていて全景を映すのが困難ですが数段の階段は 当時ありませんでした。内部の貴賓室であったところは現在ラーメン屋になっています。


 ホームの柱には古いレールが使われています。資材不足 のため多くの駅で古レールが使用されましたが今ではこの駅と西八王子駅(上りホーム の八王子側)ぐらいにしか残っていません。
 レールにはメーカー名や製造年の刻印がありますがペンキや埃ではっきりと 読めるものは少ないです。(1・2番線、柱番号45他。 左の画像のものにはには UNION 1903 とあります。明治36年製造の輸入品です。)
 3・4番線には官営八幡製鉄所の1 902年製造のレールがあり、現存する最古の国産品ということです。(丸にSの入っ たマークがかすかに見られます)


 終戦の年の昭和20年7月8日、浅川駅(高尾駅)は米軍機による 空襲を受けました。現在でも1・2番線ホームの中ほど(柱番号31:右の画像)に被 弾した跡が残されています。2つの穴のうち一つは貫通しており、銃撃の凄まじさが実 感できます。


 柱番号33(:左の画像)にも被弾した跡が残され ています。いずれも駅側の配慮であえてペンキを塗っていないといいます。
 なお、同じこの日には元八王子に疎開していた児童が被弾し、亡くなっています。 ランドセル地蔵でよく知られています。


 1・2番線ホームの相模湖駅側は一段ほど低くなってい ますがこれは開業当時の列車デッキに合わせた高さです。上塗りされていて分かりませ んがこの部分はレンガ積みとのことです。剥げたところに少しだけレンガが見えました。 4番線の下もレンガとのことです。

 これは余談ですが、小仏トンネル東坑口の真上にはなんだか得体の知れない構造物 があります。以前から何なのか疑問に思っていたのですが、どうやら蒸気機関車時代の名 残りである排煙設備らしいとわかりました。
 

(2007年3月)
(2010年1月 追記)



戻る