旧岩崎邸庭園


 岩崎家といえば三菱財閥の創業者一族の家系であります。岩崎家の家紋の三階菱は 三菱グループのシンボルマーク「スリーダイヤモンド」の基になりました。
 上野不忍池の隣、池之端にある岩崎邸は1896年(明治29年)に建てられまし た。元は倍以上の敷地内にあったのですが現在、洋館、撞球室、和館の一部が残り、宅地 や袖塀、外周のレンガ塀とともに重要文化財に指定されて東京都立「旧岩崎邸庭園」とし て一般公開されています。


 洋館はいわゆる当時のお雇い外国人であるジョサイア・ コンドルの設計で、明治期の上流階級の邸宅らしい本格的な西洋風木造建築になっていま す。
 内部は、壁、天井、柱、階段、床のすべてにおいて重厚でした。戦後、一時期GH Qに接収され、その後も最高裁判所司法研修所などとして使用されていたようです。よく 保存されたものと思います。

 南側に広がる庭に面して1、2階ともに柱の並んだベラン ダがあります。一見すると西部劇に出てきそうなカントリーハウスのように見えなくもな いです。一階右側はサンルームで明治の後期になって増築された部分です。

 洋館と棟続きで和館がありますが、別棟としてこの撞球室 があります。つまりビリヤード場ですが洋館と同じコンドルの設計であるというもののこ ちらは山小屋風の木造建築です。それでも壁や屋根、柱、内部の天井や梁などに特徴のあ るデザインが見られます。

(注)三菱財閥の創業者、岩崎弥太郎氏は明治の政商として海運業を始め鉱山造船 金融とさまざまな事業経営で力を伸ばしてきました。あの坂本龍馬と付き合いのあった人 です。
 

(2007年2月)



戻る