JR国立駅



 国分寺駅と立川駅の中間にあるため国立駅となったそうです。読みは「くに たち」ですが、上京したてころなんと読んでよいのか迷った記憶があります。


 新聞報道でJR中央線国立駅のあの三角駅舎が、とうとう取り壊されてしま うことを知りますした。工事開始前日の報道であったため解体前の撮影には間に合わず、 新駅舎側に切り替えられ旧三角駅舎は工事用の囲いで覆われた状態での撮影となりまし た。

 この駅舎は1926年(大正15年)に造られたもので、東京では原宿駅に 次いで古い木造建築駅舎です。

 なお、後日、国立市の文化財に指定され、一部解体が始まっているものの駅 舎本体は同じ位置に再築されることになりました。

 

(2006年10月)



戻る