スカンジナビア(丸)


 純白の豪華客船として有名なスカンジナビア丸は1927年、つまり昭和2年に スウェーデンで建造されました。当時、北極星を意味する「ステラ・ポラリス」と命名 され、冬季には地中海、夏期にはフィヨルド、その間にも世界一周クルーズに使われて いました。
 1969年(昭和44年)に引退が決まり、翌年西武グループの伊豆箱根鉄道が 購入、海上ホテルやレストランとして営業していました。


 沼津市の内浦湾に係留されて営業を続け、最盛期には年間10億円もの売り 上げがあったといいます。白亜の船体は優雅で、夜になると海岸線を走る県道からもき らびやかな姿を見ることができました。
 しかし、その後収益は伸び悩み、2005年(平成17年)に35年にわたる営 業を終了しました。


 そして生まれ故郷であるスウェーデンの会社に売却が決まり、改修工事のた め、上海に向け曳航する途中、2006年9月2日未明、和歌山県潮岬沖3qで沈没し てしまいました。
 

(2006年9月)



戻る