日本銀行本館



 日本橋からほど近い、常盤橋のところに日本銀行本店があります。この地は もともと江戸時代に徳川家康が小判の鋳造・管理をはじめたところでした。当時は「 金座(きんざ)」と呼ばれ勘定奉行の支配下にありました。以来日本の銀行の総元締 めになっています。近くの「銀座(ぎんざ)」は、そこで銀貨を鋳造・管理していたことか らついた地名です。


 建物は本館、新館、分館の3つから構成されており、中に挟まれるようにし て建っている本館は明治時代の貴重な西洋式建築物として、国の重要文化財に指定され ています。金融関係のニュース報道ではたいていこの本館だけが映し出されます。

 建築時期は1896年(明治29年)というから相当に古いです。総石造り のように見えますが、耐震上レンガ積みの上に外装材として石が積み上げられていると のことです。関東大震災では建物自体は被害を受けていないものの、近隣の火災のため 丸屋根を焼失しました。余談ですが水洗トイレが始めて設置されたのがここのようです。
 ちなみにこの建物を上空から見ると“円”と見え ます。(Google mapより)
 

(2006年6月)



戻る