法務省旧本館



 桜田門の警視庁から道路を隔てたところにいかめしいレンガ造りの建物がありま す。法務省の旧本館で1895年(明治28年)に建てられ、国の重要文化財に指定され ている貴重な建築物です。

 明治政府が招いたドイツ人建築家により設計され、旧司法省庁舎として完成しまし た。関東大震災ではほとんど被害を受けなかったのですが、1945年(昭和20年)の 東京大空襲ではレンガ壁を残して焼失してしまいました。その後改修工事が行われ、法務 省の本館として利用されるようになりました。1994年(平成6年)に外観が建設当時 の姿に復元され、このとき重要文化財の指定を受けています。
 なお、法務省本館としての機能は背後の合同庁舎に移っていて、旧本館は法務総合 研究所および法務図書館になっています。
 

(2006年6月)



戻る