東京中央郵便局



 


 東京駅の丸の内南口を出ると目の前に白い5階建てのビルがあります。東京中 央郵便局で1931年(昭和6年)に竣工しました。設計者は旧逓信省の吉田鉄郎という 人です。中央郵便局としての機能を備えた頑丈な鉄筋コンクリート建てです。
 このビルも付近のビルと同じように建替え案が出ているようです。郵政民営化に伴 い、高層ビル化して賃貸収入を得るということのようです。


 局舎の中に入ると高い天井と黒い八角形の柱が目立ちます。他の郵便局と違う ところといえば記念切手のコーナーが、展示を含めて多くとってあることだと思います。


 窓からは赤レンガの東京駅が見えました。

 局舎の外に出ると「葉書の木」というのが3本ほど植えられています(下の画 像)。正しくは「タラヨウ」といい、葉の裏に先のとがったもので字を書くとその跡が残 ったことから「葉書」の語源になったといいます。



  (2006年6月)



戻る