ハムクラブ定款です。

注意:会員のプライバシー保護のため、一部を「*」印で伏せてあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                  印

定       款 
(名称)
第1条 本社団は、「不良中年友の会ハムクラブ」という。

(事務所・社団局)
第2条 本社団の事務所および社団局は、ハムクラブ会長・****自宅内(東京都**区**
    *−**−**)に置く。

(目的)
第3条 営利を目的としないで、アマチュア無線の健全なる発展を図り、二輪車愛好会「不良中年
    友の会」の会員相互の友好を増進し、あわせて無線科学の向上と発展に貢献することにあ
    る。

(事業)
第4条 本社団は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
   (1) アマチュア局の設置と運用
   (2) アマチュア無線についての調査研究
   (3) その他、本社団の目的達成に必要な事業

(会員の資格)
第5条 本社団ではアマチュア局の無線設備の操作を行うことができる無線従事者の資格を有す
    る者(施行規則第34条第8号に規定する者を含む。)で希望する者が会員になること
    ができる。

(会員の資格の喪失)
第6条 会員は次の場合に資格を失う。
   (1) 本社団から退会する旨の申し出を行い退会が認められたとき。
   (2) 本人が死亡したとき。
   (3) 電波法令に違反し、罰則の適応を受けたとき。

(会員の権利)
第7条 (1) 本社団の設置するアマチュア局その他の設備を利用すること。
    (2) 会員は、総会の議決権を行使すること。

(会費)
第8条 (1) 定期会費は特に徴収しない。
    (2) 臨時会費は社団に出費の用があるときに限りその都度必要額を会員数で均等に除
        した金額を会員が負担することで充当する。

(役員)
第9条 本社団に次の役員を置く。
   (1) 理事 2名(当社団において、「理事」とは、会長および理事をいう。)うち会長
      1名、理事1名とする。
   (2) 監事 1名 (役員の選出)

第10条 (1) 理事と監事は、会員の中から選任する。
     (2) 会長は理事の中から選出する。

(役員の任期)
第11条 役員の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。

(役員の業務)
第12条 (1) 会長は本社団を代表し、業務を掌理統括する。
     (2) 事務担当理事は会長の命によりこれを補佐し、本社団の業務を執行し、社団
         に関する事務手続きを全責任をもって処理する。
     (3) 監事は会計および理事の職務を監査する。

(理事会)
第13条 理事会は会長が招集し、本社団の業務の執行に必要な事項を決める。

(総会)
第14条 総会は、通常総会と臨時総会とする。
    (1) 通常総会は、毎年1回会長が招集する。
    (2) 臨時総会は、理事会または会員の2分の1以上から理由を付して要求のあったと
        き開催する。

(議決方法)
第15条 総会、理事会の決議は、出席者の過半数をもって行い、可否同数のときは議長の決する
     ところによる。

(総会の議事)
第16条 総会に付議する事項は、次のとうりとする。
    (1) 事業計画、予算、決算
    (2) 定款の変更
    (3) 会費、重要な財産の得喪、変更
    (4) 理事、監事以外の本社団の運営に必要とされる役職の決定、任命。
    (5) 解散

(資産)
第17条 本社団の資産は、設立当初の寄付財産、会費、寄付金、その他収入とする。

(会計年度)
第18条 本社団の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(届出)
第19条 会長または理事は、
    (1) 構成員(会員)に変更があったときは、すみやかに電気通信監理局長に届け出る
        こと。(施行規則第43条の4)
    (2) この定款または理事について変更しようとするときは、あらかじめ電気通信監理
        局長に届け出る。(施行規則第43条の4 第2項)

     補則  この定款は、平成13年4月12日に設定、同日施行とする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この定款で正式に登録されています。

ハムクラブトップページへ戻る。

ホームページへ戻る。