宿谷の滝

埼玉県入間郡毛呂山町に「宿谷」という地名があります。その昔この地から当地へ移り住んだ先祖があり、我家周辺に宿谷姓が増えたと聞いています。
宿谷の滝は宿谷川に沿って山間部に入りますが遊歩道が整備されていています。駐車場らしきところから滝まで約10分。落差は12mで苔むした岩壁に囲まれ、滝壺近くがまで入ることができ、真夏でも暑さを忘れさせてれるくらいに涼しいところです。滝上には小さな公園も整備されています。ここから鎌北湖までは山道を30分もあるけば行く事ができます。


宿谷(しゅくや)という姓は、「日本の苗字七千傑」によれば全国で多い順で4632番目、全国で約2300人ほどだそうです。 宿谷姓は、そのほとんどが埼玉県毛呂山町と当地周辺と思われます。毛呂山町は宿谷という地名があり、「宿谷の滝」「宿谷川」なども実在します。宿谷氏は児玉党の出であり、新編武蔵風土記稿では第4代宿谷太郎行俊以降、鎌倉時代、室町時代に居住したとのことです。

母から聞いた話では、江戸時代でしょうか、毛呂山から一人の狩人が当地に住みつき、ここから当地に宿谷姓が広がっていったそうです。当地と毛呂山町は車で20分程度しか離れていない場所です。又、当地は自治会世帯数95世帯ですが、宿谷姓が26世帯あり周辺にも点在しています。