天空のポピーを見に秩父高原牧場(彩の国ふれあい牧場)へ
     5月25日(月)シャーレーポピーを見に行ってきました。
     前日のテレビで海抜500mの高原に1500万本のシャーレーポピーが今盛りに咲いているのが紹介されました。
     ポピーと言えば昭和記念公園が思い起こされますが、どんなものか行ってみることになりました。

     10時に家を出て毛呂山、越生、小川町を走り東秩父村に向かいました。東秩父村は最近「細川和紙」のユネスコ
     無形文化遺産登録で話題になった村です。途中休憩もなしで山道を暫く走ると「天空のポピー」の案内板が見られ
     るようになりました。海抜500m地点ですからかなり上りが続き秩父高原牧場に着きました。
     ポピーがあるのはここから少し皆野町側に下ったところです。下り始めると突然渋滞です。駐車場に入るための渋滞
     で600m程手前からノロノロで11時20分に列に並んでから駐車場に車を置けたのは11時50分でした。
     駐車場案内の人に聞くと今年はかなりテレビの取材がり連日沢山の人が来られているとのことです。
     後から皆野町側から上った人に聞いたら渋滞無く駐車場入り口までこられたそうです。
     遠方から来る人は関越道から来ているようで圧倒的に小川町・東秩父村経由の車が多いようです。 

1500万本と言われるポピーが1ケ所の斜面に
咲いています。
ちょうど満開を迎えており見事な光景でした。
この斜面は皆野町側から上ってくると見えるところで
東秩父村側の渋滞した側では見ることができません。


来年行ってみようと思われる方は、少し遠回りになり
ますが、皆野町経由をお勧めします。
天空を彩るポピーの公式HPはこちら
13時見物を終わりにし駐車場に戻りました。
この時間でも駐車場入場待ちの車が列を作っていました。




帰りは、皆野町側に降りる事としました。
まだお昼を食べていないのでまず食事です。
数年前長瀞の宝登山神社参道のそば屋さんが美味しかったのでそこに向かいました。
お腹がすいていた事もあるかもしれませんが「もりぞば」
が美味しかったです。
せっかくなので宝登山神社を参拝しました。
以前宝登山の福寿草・ロウバイは何回か見に行きましたが
宝登山神社へは御参りしたことはありませんでした。
立派な社殿です。
最近手入れをしたのか色鮮やかな造形でした。

そういえば、寄進者の中に秩父出身の落語家
笑点でお馴染みの「林家こん平」師匠の名前も
ありました。