群馬県みどり市「岩宿遺跡」を見学

昭和20年頃までの考古学は、関東ローム層が出るとそれ以上は発掘しませんでした。
それは、関東ローム層形成の数万年前以前には日本には人が住んでいなかったという定説によるものです。
縄文時代は16500年前から始まったとすれば当然であったかも知れません。
しかし、昭和24年(1949)、群馬県岩宿遺跡の関東ローム層中から槍先形尖頭器といわれる「旧石器」を相沢忠洋氏が発見し、日本に
おける旧石器時代の研究の幕が切って落とされたのです。
岩宿遺跡は、群馬県みどり市の笠懸町阿佐美地区の琴平山・稲荷山という小さな丘のがつながるところにあります。
発見者の相沢忠洋氏は考古学研究をされながら行商をしていてこの切り通しを通った時に関東ローム層から石器を発見されたそうです。
これを東京大学に持ち込みましたが相手にされず明治大学の遺跡研究者に紹介し共同で発掘調査が始まり、その後、全国あちこちで
旧石器時代の遺跡が発見されるきっかけになりました。
               
                   岩宿博物館入場券  右から3人は明治大学研究者、4人目が相沢忠洋氏

私達は、旧石器時代と言うのが縄文時代前にあり日本人の祖先が石器のみで狩猟生活を送っていたことを知っている事は当たり前と
教わってきましたが、この事実が発見されたのはわずか60年前と言うのには驚きでした。(皆さんは知っていたかもしれませんが!)
「岩宿博物館」には当時発掘された石器類が沢山展示されていましたが人骨が無いことを質問した人がいました。
説明してくれた係の人によれば、関東ローム層は酸性地質で人骨・獣の骨は溶けてしまい残っていないという説明がありました。

    岩宿遺跡の解りやすいHPはこちらをご覧ください。

なぜ、このようなところを見学行ったか?
答えは、最近老壮大学と言うのに仲間入りし月1回の行事に参加しているのです。9月は研修旅行で群馬の方へ行ってきました。
このほかに碓井峠の鉄道博物館に行きましたがここは皆さん重々承知の所と思いますので省略です。


    
           岩宿遺跡入口                                        岩宿博物館

   
        相沢忠洋氏胸像