秋の昭和記念公園散策
 10月15日(月)秋晴れの天候に誘われ、立川市の昭和記念公園を歩いてきました。
 この日は最高気温26度と夏日の暖かさでうっすら汗をかきながらの散歩となりました。

 西立川口駐車場に車を止め(駐車料金800円)、11時30分に入場(入場料一般400円の
 ところシルバー料金200円)し左周りに歩きはじめました。
 

最初に目についたのは「シオン」の花です。原っぱの東側に
幾つかの塊りでさいていました。この花は蝶が集まる花でまず
「キチョウ」をカメラに収めました。
「アカタテハ」も綺麗な姿を見せてくれました。
シオンはフジバカマと共に蝶を集めてくれる花です。
これは「ツマグロヒョウモン」の雌です。
このほかヤマトシジミ、チャバネセセリ等が蜜を吸っていました。
園内には沢山の大きな「キンモクセイ」が有り、ちょっと盛りはすぎて
いましたがあちこちで香りが匂い立っていました。
原っぱ東の花畑は白いコスモスが花盛りでした。

この日は月曜日でしたが、コスモスの満開時期でしょうか原っぱ
周辺では大勢の人たちが集まっていました。
西立川口から1.5km程歩くと「花の丘」が見えてきます。
春はポピー、秋はコスモスの丘となり一面に花が咲きます。
今日はまだ満開には早いようで花の絨毯とまでは言えない
状態です。

コスモスをまともに撮影してもつまらないので逆光で写してみました。



ここは「日本庭園」です。もう少しすると紅葉が池に映り綺麗な光景となります

水面も穏やかでこのように綺麗に映ります
原っぱの西側の道沿いにギンナンが一杯ついたイチョウの
木がありました。見事に付いていました。

原っぱ西の花畑です。ここのコスモスはやや満開を過ぎていました。

これは「あかつき」という種類のコスモスです。
こちらはダブルクイックという種類で八重咲きコスモスです。
余りみる事のない八重咲きでダリアの様な大きなはなでした。
ピンク、白、赤の八重咲きコスモスがありました。
最後にパンパスグラスを見て西立川口にもどりました。
15時に駐車場に戻りました。
途中で休憩、昼食をまじえてですが約3時間半のウォーキングでした。