松本市里山辺 桂重英アトリエ跡に没後16年の平成14年にオープン致しました桂重英美術館より新しい展示とコンサートのお知らせをさせていただきます。どうぞ遊びにお出掛け下さいませ。
桂 重英 画伯(1909-1985)は1966年、好きだった信州の風景を描くために、
北アルプスの見えるこの地に居をかまえ、亡くなるまで制作を続けました。
遺された作品を多くのが方々に親しんでいただけるよう、
ここアトリエ跡に小さな小さな美術館を作りました。

朝夕様々な表情を見せる北アルプスの山々、
田園風景ー信州の自然をこよなく愛した
『桂 重英 画伯の世界』をご覧いただければ幸いです。
新聞記事の紹介
中日新聞に掲載されました
2010年4月13日 火曜日 桂重英美術館
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
@2010年7月2日 火曜日『夕映えのあとに』桂聰子
美術館の記事はこちらから @記事参照はこちらから
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
A2010年8月6日 金曜日『旅』桂聰子
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
B2010年9月9日 木曜日『夏の終わりに』桂聰子
A記事参照はこちらから B記事参照はこちらから
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
C2010年11月22日 金曜日『秋に』桂聰子
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
D2010年12月28日 金曜日『師走に』桂聰子
C記事参照はこちらから D記事参照はこちらから
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
E2011年2月1日 火曜日『寒むけれど』桂聰子
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
F2011年3月8日 火曜日『籔椿咲く島』桂聰子
E記事参照はこちらから F記事参照はこちらから
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
G2011年4月12日 火曜日『桜』桂聰子
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
H2011年5月17日 金曜日『琵琶湖周航の歌』桂聰子
G記事参照はこちらから H記事参照はこちらから
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
I2011年6月17日 金曜日『聖地で』桂聰子
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
J2011年7月26日 火曜日『夏に』桂聰子
I記事参照はこちらから J記事参照はこちらから
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
K 2011年8月31日 水曜日『心でみると』桂聰子
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
L2011年10月7日 金曜日『一枚の絵をめぐって』桂聰子
K記事参照はこちらから L記事参照はこちらから
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
M 2011年11月15日 水曜日『秋陽の中で』桂聰子
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
N 2011年12月22日 水曜日『クリスマスに』桂聰子
M記事参照はこちらから N記事参照はこちらから
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
O 2012年1月28日 土曜日『朝焼け』桂聰子
市民タイムス(リレーコラム)に掲載されました
P 2012年3月5日月曜日『石の雛』桂聰子
O記事参照はこちらから P記事参照はこちらから
桂重英美術館からのお知らせ
※事前に御連絡いただければ随時開館可能です。お気軽にお電話くださいませ。

桂重英美術館…只今の展示

『自然に魅せられて』
開館時間;10:00〜16:00
開 館 日 ;毎週土・日曜日
入 館 料 ;400円(飲み物付き)
車椅子可

ミュージアムコンサート『秋に遊ぶ』
  日時;2013年10月5日(土)16時より

  フルート;桂聰子 ピアノ;伊藤訓子
 
・枯葉…………………………コスマ
       ・小さい秋みつけた  ………中田喜直     
      ・管弦楽編曲第2番ロ短調より…    バッハ
     ・メヌットと精霊の踊り…グルックほか
会費; 2000円(お菓子、飲み物付)
要予約;  0263-25-6419
JR松本駅より車で約15分 
所在地:長野県松本市里山辺林5111-4
TEL&FAX 0263-25-6419
(広沢寺参道途中左折2軒目左)  
  
ご連絡はこちら
Copyright 2001-2012 by Harus27. All Rights Reserved.