最終更新2019年5月17日
 

Sorry,Japanese Only
 
あなたは 番目のお客様です。
(2001年4月14日〜)
 
 

 
京ごよみ

 5月15日、晴天のもと、恒例の葵祭が行われました。葵祭はたしかに有名ではありますが、青葉が一斉に芽生えるこの5月、京都はあちこち祭りだらけ?です。上京では、今宮祭につづいて上京最大の御霊祭が行われるのは、当然のことながら、周辺の二、三町でお守りしているような小さな神社の祭礼(たとえば神泉苑とか、菅原道真の誕生地菅大臣神社とか、班女伝説の繁昌社とかそんな小さくて魅力のあるところ)が一斉に祭です。そんな五月が過ぎるとうっとうしい梅雨の季節がはじまります。

 
最新情報

・6月2日(日)、龍谷大学大宮キャンパスで藝能史研究會大会が開催されます。今年は例年の開催場所と異なりますのでご注意ください。からくりの実演もあります。一般の方のご来聴も歓迎です。多数のご参加をお待ちしています。一般の参加も歓迎します。→詳細
・『藝能史研究』224号が出ました。一昨年の大会のテーマ「芸能史における『道成寺』」の特集になっています。5人の報告者の発表が論考になっています。一般にも販売しています。ぜひお買い求めください。(2019.4.9)
・『藝能史研究』223号の特集「「歌舞伎の〈見得〉」に関連して「見得用例集(未定稿)」をリンクしています。→kabukimie.pdf へのリンク
・例会案内の情報を更新しました。→詳細(2019.4.16)


 
    
    
 

ホームページへのリンク、藝能史研究會へのお問い合わせ・ご意見は  まで。
藝能史研究會
〒602-0855 京都市上京区河原町通荒神口下ル上生洲町221 キトウビル303号室
TEL/FAX 075-251-2371

このホームページの無断転載を禁じます
Copyright:The Japanese Society for History of the Performing Arts Reserch All Rights Reserved.