御相談タイトル:ケロイド状態のレーザー治療 



○この美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へとぶ○

美容外科・形成外科相談掲示板書き込み欄へ  ヘルプ

●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●

★◎「山本クリニックの「レーザー治療の」のページへとぶ◎★
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)


◇「山本クリニックの「レーザ−豆知識」のページへとぶ◇
(ブラウザの「戻る」で相談掲示板に戻られて下さい)





☆山本クリニック相談掲示板のこれまでの御相談と回答総集編☆
ここをおして 0 1 2 3 4 5




お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭    URL
ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。





#1
##1
「突然のメールすみません。
実は、数年前、肩や背中のニキビ跡がとれず、
美容形成外科にそうだんしました。
診断は嚢と言われ、切除を決めたのですが、
術中、「嚢ではなさそうだ。組織検査に出してみます。」と
ドクターから言われました。結果は瘢痕化ということでした。

数カ所の術跡の2カ所は、ケロイドになり、
今でも痒みやちょっとした痛みに悩まされています。

私のこのケロイドは、真性ケロイドである可能性が高いのですか?
私のようなケロイドは先生がされている、レーザー治療に該当しますか?
ご相談、宜しくお願いします。
夏場になるといつも悩みます。」
との事です。



#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
俗に言う
「ケロイド状態」には「肥厚性瘢痕」と「真性ケロイド」が
御座います。

##3
教科書的には
「真性ケロイド」とは実際の傷跡よりも「大きく」「ケロイド状態」
が発生する「病態」を「定義」するため。

##4
まず「手術」の「傷痕」の「ケロイド状態」でもない限り。

##5
「ケロイド状態」の「真性ケロイド」と「肥厚性瘢痕」を
「臨床診断学」から全ての事例で
鑑別することは困難です。
 
##6
因みに「にきび痕」を「「病理組織検査」にだし
「瘢痕化」という「診断」は「ケロイド状態」を意味致しません。
=>##7

##7
「瘢痕化」=「ただの傷跡」という意味で御座います。
 
##8
「ケロイド状態」であれば
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
を応用した「レーザー外科」の「治療戦略」の対象になります。
 
##9
けれども「ケロイド状態」への「レーザー外科」は
1回(日)で「レーザー光照射」の「範囲」が
「「指一本分の「レーザー光照射」範囲」が「治療」の限界」
であると思われて下さい。
 

#3
##1
「ケロイド状態」に対する「レーザー治療」「レーザー外科」
の御相談は多いものです。

##2
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から下記を御参照下さい。


##3
「腕のケロイド [2] [2005年 2月10日 11時43分42秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/142713563590409.html
=>「補足1」にコピー致します。

「ケロイド [2] [2004年12月 2日 10時49分30秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/721479408982308.html
=>「補足2」にコピー致します。

「真性ケロイドのレーザー治療 [2] [2004年10月25日 18時40分 7秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/547557619939656.html
=>「補足3」にコピー致します。

「「真性ケロイド」の治療 [2] [2004年10月23日 18時53分52秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/524331528301449.html
=>「補足4」にコピー致します。

「真性ケロイドの治療 [2] [2004年 5月12日 8時17分 0秒]」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/110880162174912.html
=>「補足5」ににコピー致します。







#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「私のこのケロイドは、真性ケロイドである可能性が高いのですか?
私のようなケロイドは先生がされている、レーザー治療に該当しますか?」
との事です。
=>
「該当」致します。
 
##3
「ケロイド状態」=「肥厚性瘢痕」であっても「真性ケロイド」であっても。

##4
「ケロイド状態」の「レーザー光照射」の「治療戦略」は全く同じです。
 
##5
但し「ケロイド状態」の患者さんは
照射回(日)は週一回(日)のペースで最低16-20回(日)
は「レーザー光照射」が必要で御座います。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
 
##6
1回(日)の「レーザー外科」の「御費用(消費税込み)」は「5万円」
です。=>##7
 
##7
この「御費用(消費税込み)」は
###1
「レーザー外科」の
術前の臨床血液検査・尿一般・尿沈査検査
###2
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)をはじめ
5種類のポストレーザーの医療用お化粧品
###3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー治療の費用
###4
ポストレーザー後の内服薬
###5
「レーザー治療」後の補液・輸液(点滴静脈注射のこと)
###6
照射回(日)修了後のアフターチエック(無料です)
の全てを含めての「御費用」です。
 
 
##8
綺麗に直したいですね。
 
##9
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。
 
##10
 取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。







上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。








何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ご心配なことと存じます。
++++++++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

「このケロイド?のレーザー治療を山本先生にお願いできたらばと思い
メール致しました。
この場所にケロイドがあると着る物も限られますし・・。夏はつらい・・。
よいアドバイスを頂いて是非とも先生にちりょうして頂きたいのです。
よろしくお願いいたします。」」
との事です。

「この場所にケロイドがあると着る物も限られますし・・。夏はつらい・・。」
との事です。
=>
大変よく判ります。

21世紀に入り極めて高性能の
「Q(キュー)スイッチ」レーザーが開発されてからは
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による
「ケロイド状態」の「治療戦略」は「レーザー外科」の独壇場といえましょう。

綺麗に治したいですね。

下記順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++++++++










#1
##1
「23歳女です。
小学生のときのBCGの注射のあとがケロイドのようになっています。
一昨年9月に大学病院の皮膚科に診察をうけました。診断は必ずしも真性ケロイド
とはいえないということで形成外科にまわされ外用薬治療をうけました。
私は一度15歳のときに盲腸の手術をうけていますがこの傷は普通です。
左腕のうえの腕の肩の近くに幅1cm弱で長さが8cmくらいの赤褐色で
小さな丸い玉状?の盛り上がりが2mm−2,5mm位連なってあります。
形成外科の先生からは手術は勧められないということでした。
結局形成外科の治療でもよくならず去年で結局ギブアップしました。
この相談掲示板にたどり着きました。
このケロイド?のレーザー治療を山本先生にお願いできたらばと思い
メール致しました。
この場所にケロイドがあると着る物も限られますし・・。夏はつらい・・。
よいアドバイスを頂いて是非とも先生にちりょうして頂きたいのです。
よろしくお願いいたします。」
との事です。






#2
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「23歳女です。
小学生のときのBCGの注射のあとがケロイドのようになっています。
一昨年9月に大学病院の皮膚科に診察をうけました。診断は必ずしも真性ケロイド
とはいえないということで形成外科にまわされ外用薬治療をうけました。
私は一度15歳のときに盲腸の手術をうけていますがこの傷は普通です。」
との事です。

##3
「虫垂炎:appendecitis」の「手術縫合線痕」は「正常」であるようです。

##4
だから「ケロイド体質」とは断定できず
「皮膚科専門医先生」も「真性ケロイド」と「病態」論からは診断できない
と御考えになられたものと今の私は考えます。

##5
俗に言う「ケロイド状態」には。
ケロイドと呼ばれているものには、大きく分けて二つのものがあります。
一つは「肥厚性瘢痕(はんこん)」と呼ばれるもので、もうひとつは
「真性ケロイド」です。

##6
確かに
「真性ケロイド」か「肥厚性瘢痕」の鑑別を判断することは
この御回答では不可能です。

##7
けれども「肥厚性瘢痕」の可能性が強いように
今の私は考えます。






#3
##1
一般に「ケロイド状態」は「コーカサス人種」には少なく
黒人種には多いものです。

##2
「モンゴロイド」である日本人はその中間といえるかもしれません。

##3
日本人では「色の白い方」に「ケロイド状態」は起き易いものです。

##4
通常数珠玉ようの線上配列をしたものが「直線状」につながります。

##5
「左腕のうえの腕の肩の近くに幅1cm弱で長さが8cmくらいの赤褐色で
小さな丸い玉状?の盛り上がりが2mm−2,5mm位連なってあります。」
との事です。

##5
通常「ケロイド状態」での
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
での「レーザー・リサーフエシング」は
1回(日)の「レーザー光照射」が「指一本分」が限界です。

##6
御相談者の「ケロイド状態」はこの「指一本分」に相当致します。
だから
この御相談者の「肩の「ケロイド状態」」は「レーザー外科」が
可能で御座います。

##7
「形成外科の先生からは手術は勧められないということでした。
結局形成外科の治療でもよくならず去年で結局ギブアップしました。」
との事です。

=>
##8
「ケロイド状態」は内服薬や外用薬で歯が立つ相手では
ありません。

##9
21世紀に入り極めて高性能の
「Q(キュー)スイッチ」レーザーが開発されてからは
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による
「ケロイド状態」の「治療戦略」は「レーザー外科」の独壇場といえましょう。







#4
##1
「ケロイド状態」=「肥厚性瘢痕」或いは「真性ケロイド」の
「レーザー外科」の場合
「週1回照射する」ペースで照射を致します。

##2
1回(日)のショット数は5000ショットは必要でしょう。


##3
ショット数が1回(日)で「「10億分の5−10秒の照射時間」で
毎秒10ショットを照射しうるから痛くはありません。

##4
5000ショットするのに
「10億分の5−10秒の照射時間」で毎秒10ショットの
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」で
「レーザー光照射」を行ないますから「レーザー光照射」の時間は
理論的には「500秒」です。

##5
このようにして
一回(日)の「レーザー光照射」の「御費用」は
5万円です。

##6
「回数」は多ければば多いほど宜しいです。

##7
「毎週1回(日)照射」のペースで10回(日)「レーザー光照射」
をするとすれば
5万円x10回(日)=50万円=「総御費用(消費税込み)」
ということになります。

「毎週1回(日)照射」のペースで16回(日)「レーザー光照射」
をするとすれば
5万円x16回(日)=80万円=「総御費用(消費税込み)」
ということになります。







#5結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。


##2
「このケロイド?のレーザー治療を山本先生にお願いできたらばと思い
メール致しました。
この場所にケロイドがあると着る物も限られますし・・。夏はつらい・・。
よいアドバイスを頂いて是非とも先生にちりょうして頂きたいのです。
よろしくお願いいたします。」」
との事です。

##3
「この場所にケロイドがあると着る物も限られますし・・。夏はつらい・・。」
との事です。
=>
大変よく判ります。

##4
21世紀に入り極めて高性能の
「Q(キュー)スイッチ」レーザーが開発されてからは
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による
「ケロイド状態」の「治療戦略」は「レーザー外科」の独壇場といえましょう。

##5
綺麗に治したいですね。

##6
「是非とも先生にちりょうして頂きたいのです。よろしくお願いいたします。」
との事です。
=>
私も頑張ります。










上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。









何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。







何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2005年2月6日 13時7分35秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 23・f    
23歳女です。
小学生のときのBCGの注射のあとがケロイドのようになっています。
一昨年9月に大学病院の皮膚科に診察をうけました。診断は必ずしも真性ケロイド
とはいえないということで形成外科にまわされ外用薬治療をうけました。
私は一度15歳のときに盲腸の手術をうけていますがこの傷は普通です。
左腕のうえの腕の肩の近くに幅1cm弱で長さが8cmくらいの赤褐色で
小さな丸い玉状?の盛り上がりが2mm−2,5mm位連なってあります。
形成外科の先生からは手術は勧められないということでした。
結局形成外科の治療でもよくならず去年で結局ギブアップしました。
この相談掲示板にたどり着きました。
このケロイド?のレーザー治療を山本先生にお願いできたらばと思い
メール致しました。
この場所にケロイドがあると着る物も限られますし・・。夏はつらい・・。
よいアドバイスを頂いて是非とも先生にちりょうして頂きたいのです。
よろしくお願いいたします。

[2005年2月6日 11時23分24秒]
「補足1おわり」
++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ご心配なことと存じます。


1年齢の御記載はあるものの 2・性別 の御記載が御座いません。
また「ケロイド状態」の「大きさ」「色調」の御記載が御座いません。

御回答限界でもあるのです。

けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。




#1
##1
「22歳の学生です。
今から5〜6年前に胸の辺りににきびのようなものができ、
最初は放置してしまったため、ケロイドになってしまいました。

治療を行ったことのありましたが、今放置している状態で、
最近どんどん肥大化してしまい、痛みもあります。

このまま放置することはできないので、治療を行いたいのですが、
現在他の科でも病院にかかっているため、
薬を飲んだりして身体にあまり負担をかけたくないので、
できれば漢方薬やシリコンシートを使った治療法で治らないものかと
考えているのですが、
そういった方法で治すことは可能でしょうか。」
との事です。





#2
##1
俗に言う「ケロイド状態」には「肥厚性瘢痕」と「真性ケロイド」
があります。

##2
教科書的には「真性ケロイド」とは実際の「創傷痕」よりも
拡大して増殖するものを呼称し「肥厚性瘢痕」とは
実際の「創傷痕」よりも拡大して増殖しないものとされています。

##3
極めて判りやすくいえば「真性ケロイド」は「ケロイド体質」のかたが
なられるものであり「肥厚性瘢痕」は「ケロイド体質」でないかたに
発生すると御考え下さい。

##4
「真性ケロイド」も「肥厚性瘢痕」も「部分」の「症状・症候」からは
鑑別しうるものではありません。

##5
御相談者の御相談の御記載内容からは
「真性ケロイド」か或いは「肥厚性瘢痕」かは判断ができません。





#3
##1
「現在他の科でも病院にかかっているため、
薬を飲んだりして身体にあまり負担をかけたくないので」
との事です。

##2
「肥厚性瘢痕」も「真性ケロイド」も「内服薬」での「治療戦略」
でこの「病態」を「治療」することは全く不可能です。

##3
勿論「漢方薬」とて同様です。

##4
御相談者の御相談の御記載内容からは
御自分のお体をいたわる御気持ちが大変よく判ります。

##5
蛇足ながら「結果論」ですが「レンドルミン」「パキシル」等を
内服されている患者さんは。

##6
「真性ケロイド」にしても「肥厚性瘢痕」にしても
これらを「増大」させることが多いものです。

##7
#3に「ケロイド状態」につき簡単にご説明致します。





#3
##1
「肥厚性瘢痕」にしても「真性ケロイド」にしても
白人種=「コーカサス人種」は「ケロイド状態」は大変少ないものです。

##2
一方適切な表現が思い浮かばないのですが
「黒人種」のかたは「ケロイド状態」=「真性ケロイド」も「肥厚性瘢痕」
に至るかたが大変多いものです。

##4
「モンゴロイド」である「日本人」は
「コーカサス人種」と「黒人種」との「中間」であると
思われて下さい。

##5
上記の「ケロイド状態」に関する「人種差」は
「創傷治癒過程」として「黒人種」が「ケロイド状態」にて
「創傷治癒過」を行なう「皮膚の特性」を持っているからとも
考えられています。

##6
だから外国=「コーカサス人種」圏内に居住する日本人の場合
「ケロイド状態」があっても現地のドクターから
適切に「治療戦略」をたててもらえないことが稀ならず御座います。

##7
また日本人では「ケロイド状態」は「お色が白い」かたに
発生しやすい気が致します。

##8
或いは結果論として「ケロイド状態」を御持ちで「治療」を受けられようと
するかたは「お色が白い」ともいえます。






#4
##1
「このまま放置することはできないので、治療を行いたいのですが、
現在他の科でも病院にかかっているため、
薬を飲んだりして身体にあまり負担をかけたくないので、
できれば漢方薬やシリコンシートを使った治療法で治らないものかと
考えているのですが、
そういった方法で治すことは可能でしょうか。」
との事です。

##2
「シリコンシート」はある程度「治療戦略」にて「ケロイド状態」が
緩和されたかたには有効です。

##3
けれども「ケロイド状態」が現在増殖中の場合には
「気休め」程度しか効果は御座いません。

##4
「ケロイド状態」=「肥厚性瘢痕」或いは「真性ケロイド」を
御持ちの場合「レーザー外科」を考えられてみては如何でしょうか。
#5に「ケロイド状態」の「レーザー外科」「レーザー治療」について簡単にご説明致します。



#5
##1
「ケロイド状態」=「真性ケロイド」或いは「肥厚性瘢痕」の
患者さんはこれまで治療困難とされてきました。

##2
けれども「Qスイッチレーザー光線」を用いる
優秀な「レーザー光照射装置」が開発されて。

##3
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
にて「ケロイド状態」の患者さんは綺麗になられるようになりました。

##4
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
には「レーザー光照射装置」として
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
が最適です。

##5
これはQスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
の「Qスイッチレーザー光線」としての
「photo ionization:光イオン反応」=
「photo−ablation:フオト・アブレーション」(abrasion:剥離ではない)
という「特性」を応用したものです。

##6
但し「ケロイド状態」の「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
は「大変な「レーザー光照射」のショット数」を
必要と致します。

##7
「大きさ」は「「人差し指」1本分」が限界です。

##8
1回(日)の「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
の「御費用」は5万円です。

##9
「4分の1「皮膚のターンオーバー」」に匹敵する
「週1回照射する」ペースで最低10-16回(日)は照射に
必要です。

##10
「回数」は多ければば多いほど宜しいです。

##11
このように「ケロイド状態」=「真性ケロイド」或いは「肥厚性瘢痕」
の「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」は。

##12
「レーザー外科」「レーザー治療」の「範疇:はんちゅう」では
一種の「傷跡レーザー外科・レーザー治療」であると
今の私は考えます。





#6結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
御相談者の性別が不明であり
「ケロイド状態」の「大きさ」「色調」或いは「胸の正確な部位」等の
御記載がないために
適切な御回答ができたかどうか。

##3
「薬を飲んだりして身体にあまり負担をかけたくないので、
できれば漢方薬やシリコンシートを使った治療法で治らないものかと
考えているのですが、
そういった方法で治すことは可能でしょうか。」
=>
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
を用いた「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
をされてみては如何でしょうか。

##4
「このまま放置することはできないので、治療を行いたいのですが、
現在他の科でも病院にかかっているため、
薬を飲んだりして身体にあまり負担をかけたくないので、
できれば漢方薬やシリコンシートを使った治療法で治らないものかと
考えているのですが」
との事です。

##5
「ケロイド状態」はいかなる「内服薬」も奏功するものではない
ことを御銘記下さい。
また一方「パキシル」「レンドルミン」等を内服されている患者さん
には「ケロイド状態」の増悪される患者さんが「多い」と
今の私は考えます。

##5
「シリコンシート」などの「圧迫療法」はなんらかの
「ケロイド状態」の「改善或いは消退傾向」のある時期でなければ
まず「効果」はないものと思われて下さい。











上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。






何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年12月2日 10時49分30秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望    
22歳の学生です。
今から5〜6年前に胸の辺りににきびのようなものができ、
最初は放置してしまったため、ケロイドになってしまいました。

治療を行ったことのありましたが、今放置している状態で、
最近どんどん肥大化してしまい、痛みもあります。

このまま放置することはできないので、治療を行いたいのですが、
現在他の科でも病院にかかっているため、
薬を飲んだりして身体にあまり負担をかけたくないので、
できれば漢方薬やシリコンシートを使った治療法で治らないものかと
考えているのですが、
そういった方法で治すことは可能でしょうか。


[2004年12月1日 22時21分34秒]



「補足2おわり」


++「補足3」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*


ご心配なことと存じます。


#1
##1
「真性ケロイドのことでご相談していたものです。

回答ありがとうございました。回答されたものから、
疑問があったのでお聞きしたいのですが。
まず、レーザーを週一回するというのは何か大きな意味があるのでしょうか?
遠方でもありますし、物理的・経済的・精神的にもかなり厳しいので、
必ず週一回ということに、戸惑いました。

少しずつ治療するのは無理なんでしょうか?
また、「半分」は良くなるという意味ですが、
ケロイドの赤みが取れる、又は増殖しているを食い止める、
膨隆が平坦になる、
痛みやかゆみが無くなるどれにあてはまるのでしょうか。」
との事です。








#2結論:
##1
照射回(日)は週一回(日)のペースで「レーザー光照射」を行う意義は。

##2
「皮膚のターン・オーバー」=28日として
「4分の1皮膚のターン・オーバー」おきに
「レーザー光照射」を施行すると「治療戦略」が立てやすい
という意味です。
 
##3
「ケロイド状態」の患者さんは遠方から通院されていらっしゃるかたが
多いものです。
 
因みに
今当院で「ケロイド状態」で一番遠方から通院されていらっしゃるかたは宮城県
から週一回(日)で通院されています。
 
##4
「「半分」は良くなるという意味ですが、
ケロイドの赤みが取れる、又は増殖しているを食い止める、
膨隆が平坦になる、
痛みやかゆみが無くなるどれにあてはまるのでしょうか。」
との事です。
=>##5


##5
###1
「レーザー光照射」による治療により
「形状的改善がなされる」という意味です。
極めて判りやすくいえば「ケロイド状態」が
「小さくなっていく」という意味です。

###2
それに附随して「痛み」は「ケロイド状態」の構成要素である
「数珠球状」の部分にのみあるはずですから。

###3
「数珠だま状」の部位の「レーザー光照射」による「縮減」があれば
当然ながら「「知覚神経障害」も改善されるはずで御座います。

###4
極めて判りやすくいえば「レーザー光照射」による「ケロイド状態」
の縮小に伴い
「ケロイド状態」を「押しても」痛みはすくなくなっていくはずです。
 
##6
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。
 
 
 







上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年10月25日 18時40分7秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望    
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*



真性ケロイドのことでご相談していたものです。

回答ありがとうございました。回答されたものから、
疑問があったのでお聞きしたいのですが。
まず、レーザーを週一回するというのは何か大きな意味があるのでしょうか?
遠方でもありますし、物理的・経済的・精神的にもかなり厳しいので、
必ず週一回ということに、戸惑いました。

少しずつ治療するのは無理なんでしょうか?
また、「半分」は良くなるという意味ですが、
ケロイドの赤みが取れる、又は増殖しているを食い止める、
膨隆が平坦になる、
痛みやかゆみが無くなるどれにあてはまるのでしょうか。

[2004年10月25日 18時30分42秒]


「補足3おわり」

++「補足4」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
これはご心配なことと存じます。

とりあえず取り急ぎに「第1報」として御回答致します。

#1
##1
「32歳の女性です。もともと、
首のうなじに近いあたりから、鎖骨に近い胸の辺りまで、赤いあざ(血管腫)があり、
この治療のため近い大学病院で7歳のころアルゴンレーザーを受けたのですが
効果がなく返ってただれたような結果になりました。

その後開業医で色素レーザーを使用して効果があると17歳のころ受けて、
これは効果があったのですが自由診療ということで
範囲も大きく少しづつ受けていた状態でした。

25歳のころ鎖骨と鎖骨の中央5cm下辺りに
小豆上いぼ状のものが急に大きくなってて、レーザーをうけた開業医で
すぐ治るからといわれて切除しました。

そこが手術創ににそって広がり、切除した病院に何度かかかりましたが、
ステロイドの注射をして余り効果がないことがわかると、
これ以上の治療は無いといわれそれ以来どの病院にもかかっていません。

それ以来前胸部の傷はどんどん大きくなり、
縦2cm横10cmまで大きくなってしまいました。

もうどこの病院にかかっても一緒と思ってきましたが、
1年前から急に右肩から背中にかけて
急にケロイド状の膨隆が出てきてこれも大きくなってきています。

痛みやかゆみも強く、
最近子供のときにかかった大学病院にかかり、真性ケロイドといわれ、
手術により切除して、放射線を照射するといわれ、心配になりました。

そのままほって置いては、悪くなるとは分かっていますが、
切除して失敗したことを考えると怖くて不安でいっぱいです。

今回、そちらのホームページをみて
、私のような病気には適応になるのか、
成功率はどのぐらいなのか、
また良くなるとしたらどのぐらいの皮膚の状態になるのか、
金額はどのぐらいになるのかを知りたくてメールを出しました。

何度も病院にかかって不安になった経験があるので、
長くなりましたが私なりに真剣に悩んでます。
どうかお願いします。

長崎が地元なので詳しいことを
できるだけ教えていただければありがたいです。」
との事です。










#2結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「最近子供のときにかかった大学病院にかかり、真性ケロイドといわれ、
手術により切除して、放射線を照射するといわれ、心配になりました。 
そのままほって置いては、悪くなるとは分かっていますが、
切除して失敗したことを考えると怖くて不安でいっぱいです。」
との事です。
 
##3
御気持ちは大変よく判ります。


##4
「真性ケロイド」は「手術」により「おおきくなります」。
これが「真性ケロイド」の定義でもあるのですが
うかつにも「摘出手術」などしてはいけない・・・。
 
##5
そしてまた「真性ケロイド」の場合
+「放射線治療」により。

「真性ケロイド」が治癒しうるということも全く根拠も確証も
ないことが現状であると今の私は考えます。
 
##6
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
による「真性ケロイド」「肥厚性瘢痕」「真性ケロイド」には確かに
「効果」が御座います。

##7
けれどもしっかりとした「レーザー外科」を
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
をお持ちの
どこの御施設でも出来るわけでもありません。
 
##8
「治療戦略」としては
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
による「レーザー外科」の場合
###1
但し照射回(日)は週一回(日)のペースで。

###2
回数=回(日)が必要です。

###3
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
 
##9
「病態」はさまざまですが当院に
九州から通院されている患者さんもいらっしゃいます。
 
 
##10
「縦2cm横10cmまで大きくなってしまいました。」
との事です。

##11
「2cmx10cm」は「「肥厚性瘢痕」或いは「真性ケロイド」の
「レーザー外科」の一回(日)での「レーザー光照射」の
「限界ぎりぎり」か「広すぎるように」
今の私は考えます。

##12
或いは可能かもしれない・・。
私が「肥厚性瘢痕」或いは「真性ケロイド」の
1回(日)の「レーザー外科」で
治療しうるべく経験した「おおきさ」の「2倍」は御座います。
 
##13
一般的にはQスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
による「真性ケロイド」或いは「肥厚性瘢痕」の「レーザー光照射」は
照射回(日)は週一回(日)のペースで
1回(日)に「人差し指1本」が限界と今の私は考えます。
 
##14
「御費用」のことも重要なことなので急に話がかわるようですが。
=>
###1
照射回(日)は週一回(日)のペース。

###2
1回(日)5万円で30回(日)で。

###3
2cmx10cm(半分)の範囲はかなりに綺麗にできると思います。

###4
だから
5万円x30回(日)=150万円(30週)で「半分」はかなりに
綺麗になると今の私は考えます。
 
##14
「真性ケロイド」は数珠球或いは雪ダルマのような構成要素の「連結」
によって構成されこの「構造物」を以下にして
「レーザー外科」で「レーザー光照射」していくかは
知恵のしぼりどころです。



 
##15
とりあえず「第1報」として御回答致します。
 
##16
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。
 
 
 









上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年10月23日 18時53分52秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望    
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*




32歳の女性です。もともと、
首のうなじに近いあたりから、鎖骨に近い胸の辺りまで、赤いあざ(血管腫)があり、
この治療のため近い大学病院で7歳のころアルゴンレーザーを受けたのですが
効果がなく返ってただれたような結果になりました。

その後開業医で色素レーザーを使用して効果があると17歳のころ受けて、
これは効果があったのですが自由診療ということで
範囲も大きく少しづつ受けていた状態でした。

25歳のころ鎖骨と鎖骨の中央5cm下辺りに
小豆上いぼ状のものが急に大きくなってて、レーザーをうけた開業医で
すぐ治るからといわれて切除しました。

そこが手術創ににそって広がり、切除した病院に何度かかかりましたが、
ステロイドの注射をして余り効果がないことがわかると、
これ以上の治療は無いといわれそれ以来どの病院にもかかっていません。

それ以来前胸部の傷はどんどん大きくなり、
縦2cm横10cmまで大きくなってしまいました。

もうどこの病院にかかっても一緒と思ってきましたが、
1年前から急に右肩から背中にかけて
急にケロイド状の膨隆が出てきてこれも大きくなってきています。

痛みやかゆみも強く、
最近子供のときにかかった大学病院にかかり、真性ケロイドといわれ、
手術により切除して、放射線を照射するといわれ、心配になりました。

そのままほって置いては、悪くなるとは分かっていますが、
切除して失敗したことを考えると怖くて不安でいっぱいです。

今回、そちらのホームページをみて
、私のような病気には適応になるのか、
成功率はどのぐらいなのか、
また良くなるとしたらどのぐらいの皮膚の状態になるのか、
金額はどのぐらいになるのかを知りたくてメールを出しました。

何度も病院にかかって不安になった経験があるので、
長くなりましたが私なりに真剣に悩んでます。
どうかお願いします。

長崎が地元なので詳しいことを
できるだけ教えていただければありがたいです。

[2004年10月23日 18時40分10秒]


「補足4おわり」
++「補足5」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ご心配なことと存じます。


#1
##1
「31歳 女です。 
左の二の腕の外側に縦方向に幅5mmから一番おおきいところで9mm幅位で
長さが5センチのケロイドのようなものがあります。
ごさんこうになればなのですがピアスは問題なく10年間しています。

子供のとき10歳のとき自転車で転倒して外科で縫合手術をしました。
ノースリーブのきれない場所です。水着はきれません。プールにもいけません。
一度ある大学病院の形成外科で診断していただき治療もうけましたが
よい結果は得られませんでした。肥厚性瘢痕とケロイドの中間?という診断でした。

この肥厚性瘢痕をなんとかなおせますでしょうか。
相談掲示板でレーザー治療のことを知り治療を受けてみたいのです。

治療費のことやレーザー治療について知りたいと思っています。
お忙しいところをほんとうにすみません。
よろしくお願い致します。」
との事です。



#2
##1
「一度ある大学病院の形成外科で診断していただき治療もうけましたが
よい結果は得られませんでした。肥厚性瘢痕とケロイドの中間という診断でした。」
との事です。

##2
「一般的にいうケロイド」には
「真性ケロイド」と「肥厚性瘢痕」の2つがあります。

##3
「左の二の腕に縦方向に幅5mmからいちばんおおきいところで9mm位で
長さが5センチのケロイドがあります。ピアスは問題ないのです。」
との事なのですが。

##4
「真性ケロイド」か或いは「肥厚性瘢痕」であるか
御相談者の御相談内容からはなんとも判断は困難で御座います。

##5
「肥厚性瘢痕」に近いかという印象を持ちます。




#3
##1
「子供のとき10歳のとき自転車で転倒して外科で縫合手術をしました。」
との事です。

##2
「10歳のとき怪我をして外科で縫合手術」とのことですが。
これが御相談者の「肥厚性瘢痕」の原因とであることは
間違いが御座いません。

##3
「手術創縫合線」には常に「垂直=90度」の方向に外力が働き
当初「1本線」でも次第に幅が広がる傾向は「常にある」と御考え下さい。




#4
「ケロイド状態」に至られる患者さんの場合
「手術創縫合痕」の原則は下記の通りで御座います。

##1
傷は元来断面が「「Vの字形」であること。

##2
傷を縫合することにより断面は「逆Vの字形」に
「縫合糸」で形成されること。

##3
「縫合後」抜糸をした後は「傷口」と垂直の方向に
「外力」が働くから断面は再び「垢了形」になること。

##4
「逆Vの字形」の完成された「縫合線痕」は「真ん中」が
「皮膚のターンオーバー」に同調しなくなること。

##5
「傷跡」の場合傷跡が「1本」であっても
「Vの字形」の
「断面Vの傷跡」は「3つの線」から構成されていること。

##6
「ケロイド状態」=「肥厚性瘢痕」或は「真性ケロイド」の場合
は丸い「玉」或いは「雪だるま」或いは
「数珠」のような構成要素の「複合」であること。



#5
##1
#4の##4の場合
###1
膠原線維がすけてみえ
灰色にみえること=「ホワイト・スカー;white scar」

###2
###1に「毛細血管拡張」或いは「毛細血管増殖」を伴うと
赤黒く或いは褐色にみえること=「レッド・スカー:red scar」

##2
ときには「ケロイド体質」の方は「真性ケロイド」を作ってしまうこと。

##3
「ケロイド体質」でないかたは「肥厚性瘢痕」で留まること。

##4
「ケロイド体質」でなくかつ「お色が白い方」は「肥厚性瘢痕」でも
「軽い盛り上がりの褐色のすじ」ですむこと。



#6
##1
「真性ケロイド」或いは「肥厚性瘢痕」など俗にいう「ケロイド状態」
は人種により異なります。

##2
黒人種には最も頻繁にみられ「コーカサス人種」=「白人種」には
まず「有色の傷跡」は見られません。

##3
「モンゴロイド」である日本人は「黄色人種」であり「有色の傷痕」は
「白人種」よりも遥かに「頻々」とみられ「黒人種」よりは
「有色の傷痕」は遥かに稀で御座います。

##4
「モンゴロイド」である日本人は「黄色人種」ですが御相談者のように
「ケロイド体質」があると「「ケロイド状態」になります。

##5
教科書的には「肥厚性瘢痕」は元のきずよりも「小さく」
「真性ケロイド」は元のきずよりも「大きく」成長いたします。



#7
##1
「この肥厚性瘢痕をなんとかなおせますか。相談掲示板で
レーザー治療のことを知り治療を受けてみたいのです。
治療費のことやレーザー治療について知りたいと思っています。
お忙しいところをすみません。
よろしくお願い致します。」
との事です。

##2
「レーザー・リサーフエシング」の理論は
「photo−ablation:フオト・アブレーション」
(abrasion:剥離ではない)
というもので御座います。

##3
「Q(キュー)スイッチ」という「物理スイッチ」を備えた
「レーザー光照射装置」で「Qスイッチレーザー」を照射致します。

##4
「Q(キュー)スイッチ」とは「1億分の10秒」の
「高エネルギー」の「レーザー光ビーム」を「毎秒10ショット」照射する
「高性能」の「高速レーザー」を発生させる装置です。

##5
「QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
は「Qスイッチレーザー」でも「最高性能」のものです。

##6
「photo−ablation:フオト・アブレーション」(abrasion:剥離ではない)
を有するQスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
は「皮膚表面」を傷つけずに「深部」にレーザー光線」のエネルギー
を与えるもので御座います。

##7
わかりやすくは
「光衝撃波」とも呼称されます。

##8
「レーザー」の「光衝撃波」
(Light Shock Wave:LSW)は軍事目的で海上から「潜水艦」を破壊浮上させる
ために考えられたもので御座います。

##9
凹凸の凸のでっぱりを取り除き凹凸の凹のへこみを持上げて
周囲の皮膚組織と「シンクロナイゼーション」を起こして
皮膚の「形状記憶性」をなくして「皮膚のターンオーバー」を
開始させます。

##10
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
の場合照射直後から御化粧が可能で御座います。



#8
##1
「Q(キュー)スイッチ」とは「1億分の10秒」の
「高エネルギー」の「レーザー光ビーム」を「毎秒10ショット」照射する
ので御座います。

##2
「ほくろ」の「治療戦略」でいえば「「1回(日)」で
「ほくろ」が100個単位で取れるエネルギーの照射を致しますが
痛くも無ければ赤くもなりません。

##3
但し「CO2(炭酸ガス)レーザー」のように「Q(キュー)スイッチ」
のない「光熱反応:photothermal effect」しか「効果」がだせない
レーザー光線」も御座います。

##4
御留意下さい。




#9結論:
##1
「レーザー治療について知りたいと思っています。
お忙しいところをすみません。
よろしくお願い致します。」
=>
上記御回答致しました。

##2
因みに
「跡が残ったりするかどうかというのが一番気になります。」
という御相談はよくあるのですが。

痕は強いエネルギーにもかかわらず
痕は残りません。「レーザー光照射」直後にも少し20分ほどほんのり
赤くなるくらいで御座います。

##3
「治療回数が何回ぐらいかかるか」をおこたえしておいたほうが
宜しいかも知れませんね。##4にお答えいたします。

##4
「6-10-16回の法則」という週一回ペースの場合の
照射回数の法則が御座います。

##5
御相談者の御相談内容からは
最低10回(日)で御座います。

##6
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。



##7
「レーザー治療」一般について大事なことは。
###1
「レーザー光照射装置」にも様々なレーザー」があること。
###2
例えば
「CO2(炭酸ガス)レーザー」などは「メスレーザー」だから
「メス」で手術したのと同様に麻酔が必要ですし痛く熱いです。
###3
「QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
は「ゴムではじかれたような」パチンがしますが
痛くも赤くもなりません。

##8
「治療費のことやレーザー治療について知りたいと思っています。
お忙しいところをすみません。
よろしくお願い致します。」
との事です。

=>
###1
御相談者の御相談内容からは
「1回(日)」の「御費用(消費税込み)」が5万円で
最低10回は必要ですから。

5万円x10回(日)=50万円が「御費用(消費税込み)」
も目安で御座います。

###2
「回数」が多ければ多いほど宜しいです。
###3
上記「御費用」の中には
ポストレーザーのお化粧品と医薬品の中間の有名な
「お化粧品キット」と「臨床血液検査」その他のすべからく
の「御費用」が含まれます。

##9
「「ケロイド状態」に関しては私は
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
はまさに独壇場であろうと考えています。

##10
それから「ケロイド状態」の場合は「皮膚形成術」は極めて
慎重になられて下さい。

##11
私は「ケロイド体質」のかたには「ピアシング」も致しません。

##12
綺麗になおしたいですね。




上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月27日 15時54分27秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: まこ    
31歳 女です。 
左の二の腕の外側に縦方向に幅5mmから一番おおきいところで9mm幅位で
長さが5センチのケロイドのようなものがあります。
ごさんこうになればなのですがピアスは問題なく10年間しています。

子供のとき10歳のとき自転車で転倒して外科で縫合手術をしました。
ノースリーブのきれない場所です。水着はきれません。プールにもいけません。
一度ある大学病院の形成外科で診断していただき治療もうけましたが
よい結果は得られませんでした。肥厚性瘢痕とケロイドの中間?という診断でした。

この肥厚性瘢痕をなんとかなおせますでしょうか。
相談掲示板でレーザー治療のことを知り治療を受けてみたいのです。

治療費のことやレーザー治療について知りたいと思っています。
お忙しいところをほんとうにすみません。
よろしくお願い致します。

[2004年5月27日 13時51分57秒]


「補足5おわり」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2005年5月26日 14時23分6秒]

お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*


突然のメールすみません。
実は、数年前、肩や背中のニキビ跡がとれず、
美容形成外科にそうだんしました。
診断は嚢と言われ、切除を決めたのですが、
術中、「嚢ではなさそうだ。組織検査に出してみます。」と
ドクターから言われました。結果は瘢痕化ということでした。

数カ所の術跡の2カ所は、ケロイドになり、
今でも痒みやちょっとした痛みに悩まされています。

私のこのケロイドは、真性ケロイドである可能性が高いのですか?
私のようなケロイドは先生がされている、レーザー治療に該当しますか?
ご相談、宜しくお願いします。
夏場になるといつも悩みます。
[2005年5月26日 13時27分15秒]
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。
ご相談者の記入欄ではございません。
御相談の書き込みをされる場合は次の2つの方法があります。
方法1
「美容外科・形成外科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」を
クリックされて下さい。
方法2
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」
へとぶ ○



●もう一度美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
ここは回答者記入欄です。ここは回答者記入欄です.
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください
ご相談者の記入欄ではございません。ご注意ください



氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
●美容外科・形成外科相談掲示板記事一覧に戻る●
○山本クリニックの美容外科・形成外科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ ○
山本クリニックの相談掲示板入室ページへ戻る
山本クリニックのホームページTOPへ