<P>日韓関係の近現代史</P> <P>大東亜戦争の真実と第2の敗戦</P>

日韓関係の近現代史

大東亜戦争の真実と第2の敗戦

自由主義史観研究会 理事 

 杉本幹夫  Mikio Sugimoto 

このページを立ち上げてから早6年経った。その間私の興味も韓国問題から大東亜戦争へと大きくシフトし、今一休み中である。そこで今まで書いた論文を整理することにした。 今までの論文を整理し、私の主張を明確にすることにした。それに伴い表題も変えることを考えたが、今までの愛読者の都合を考え、この題名を残すことにした。

私はエンジニアである。Plan→Do→Check→のサイクルを繰り返すことにより、技術の発展に貢献してきた。その目で見ると朝日新聞史観は全く間違っているとしか言えない。

何故日本の植民地だった台湾・韓国が世界の先進国の仲間入りし、欧米諸国の支配下にあえいだアフリカ、南アジア諸国が立ち上がれないのか。

同じ歴史を持つ北朝鮮と韓国の差は何に起因するか

何故大東亜戦争に勝ったアメリカが、中国大陸から追い出されたのか。

等を考えるとき、全てが共産主義に誤解に起因していることが分かる。

「資本家は労働者を搾取する。宗主国は植民地を搾取する」は間違いであり、「資本家と労働者は企業間競争に勝ち抜くためのパートナーであり、宗主国と植民地は国家間競争に勝ち抜くためのパートナー」である。

産業革命以降、労働者と資本家の格差が次第に広がり、20世紀になり極大化した。ロシア革命が成功し、世界的に共産主義に対するあこがれが生じた。

大東亜戦争は共産主義に洗脳されたルーズベルト大統領の誤解によるものである。

しかしソビェト連邦の崩壊、中国の改革・開放政策の成功等、共産主義の間違いは明らかとなってきている。

韓国問題目次

1.序文

2.『日本支配36年 「植民地朝鮮」の研究
謝罪するいわれは何もない』

3.日韓関係論文
2010.10.10 論文1本修正

4.その他論文
2010.11.04 論文1本追加

5.逆から教える歴史授業

6.質疑応答

7.著作リスト

8.リンク

ご意見、ご質問をお待ちしています